戻る

かねやんのPC98ゲームメモ



Sorry,This website is Japanese language only.

昔作ったメモ等を元にしたプレイメモ。

とその前に、戦争ゲームについて、一言。

・戦争ゲームやるなら、「孫子」(兵法書)は読んどけ。
ランチェスターの第2法則が再現されていないゲームは戦争ゲームじゃない。
装備が同等の兵力Aの部隊と兵力Bの部隊が片方が全滅するまで戦闘をした時の残存兵力は、
|A2-B2|
となる。
これは、「一定時間に敵に与える損害は、兵力に比例する。」と等価である。
数式に示すと以下になる。b=aとして計算すると上記の解を得る。
僊(t)/冲=-bB(t)
傳(t)/冲=-aA(t)
ここで、A(t):時間tでのAの兵力 B(t):時間tでのBの兵力 t:時間 a:Aの装備・能力 b:Bの装備・能力 :微分記号

数式はどうでもよくて、要は「一定時間に敵に与える損害は、兵力に比例する。」という当たり前の事を再現しないようなゲームは戦争ゲームと呼べない。
「孫子」は中国の古代書。戦闘に参加しない兵力を作らない方法、戦闘に参加しない敵兵力を作らせる方法が事細かに記されている。情報についての哲学的なことも記されている。戦争ゲームを作るなら「孫子」を読んでからにしてもらいたい。「孫子」に書いてあることと矛盾しているようなゲームは根本的につまらない。


攻略っぽいもの

PC98x1
ゲームジャンルUpdate
GE・TEN IIの攻略?シミュレーション2009/12/12
天下統一(初代) メモ&石見小笠原家プレイ支援シミュレーション2016/03/25
天下統一2PUS/相克の果て メモシミュレーション2016/05/29

調査データ

PC98x1
ゲームジャンルUpdate
三國志Vシミュレーション2016/04/20
銀河英雄伝説4EXシミュレーション2016/05/14
信長の野望 覇王伝 PKシミュレーション2017/04/15


おすすめゲーム&難関シナリオ

  • 「天下統一(初代) SystemSoft製」の石見小笠原家
    天下統一(初代) メモ&石見小笠原家プレイ支援

  • 「提督の決断(初代) KOEI製」の日本国最終シナリオ(大和特攻)のLv10:リセットしまくってもなかなか勝てない。
    ロードして同じ行動をすれば同じ結果になるので、ちょっとずつ行動を変えて無傷で艦隊を運用すればどうにかなるかも。
    日本国でもアレを作れたのでバッシングの嵐となった。
    宮川泰のBGMの品質が素晴らしすぎるなど、いろいろな意味で伝説の作品。
    yamato

  • 「SchwartzschildIII 工画堂製」でシナリオを脱線:統一できるんだけど、最後にねこさんからGame Overと言われてしまう(^^;)
    nekoteam

  • 「天下統一IIPUS SystemSoft製」の太閤の遺産・真田家:家臣団は強いけど四面楚歌。徳川家がどうにかなってしまった後はつまらない。。。
    森家と浅野家の武将に全員戦死してもらうとなんとかなるかも。
    天下統一2PUS/相克の果て メモ

  • 「ロードモナーク FALCOM製」で64500点以上を目指してみる。

ぬるいけど、おすすめゲーム(2016.5月追加)

  • 「銀河英雄伝説4EX Bothtec製」
    小説/アニメに登場したいろいろなキャラクターを選択できるが、かなり簡単なので弱小キャラでプレイするのがおすすめ。
    フレーゲル男爵を選択して銀河帝国を再建する。
    あるいは、イモ大将のドーソンを選んでラインハルト艦隊に突撃して勝利する。
    声がないのが残念なので、妄想で補う。あの豪華声優陣がしゃべっているつもりでセリフを読む。

  • 「エメラルドドラゴン GLODIA製」「VainDream GLODIA製」(RPG)
    裏シナリオが楽しい。

  • 「三國志2 KOEI製」
    不義理なら忠誠度100でも戦闘中に寝返る。誰が寝返るか分からない仮想モードはドキドキいっぱいかも。
    五虎将軍や張遼、周瑜とかが不義理だと涙が出てきそうになる。
    つい、知力99、武力100まで武将を育てたくなったり。
    san2

  • 「三國志5 KOEI製」
    呂布や袁術で悪逆非道の限りを尽くして統一!
    君主が寿命を迎えたら、有無を言わず戦場に出かけて占いをすると、きっといいことがある。(かも)
    uranai

その他(2016.5月追加)

  • 「ぷよぷよ」「なぞぷよ」「ぷよぷよ通」(パズル/落ちげ〜)
    ゲーセンのスティックやゲーム機のコントローラより、パソコンのキーボードの方がうまく操作できてしまうのは何故だろう(>_<)
    (斜めが確実に入力できるとかいう言い訳は虚しいか。。。)
    昔は出来てた12連鎖は今では無理かも。

  • 「GE・TEN」
    なかなかいい戦国ゲームだけど、統一後の論功行賞パズルが面倒(失敗すると暗殺される)。
    誰に暗殺されてるか分かればいいのに。。。
    何度もやってるうちに、なんとなくうまくいくのだが。。。
    geten

  • 「太閤立志伝 KOEI製」「太閤立志伝2 KOEI製」「斬III」
    とりあえず、謀叛!謀叛!謀叛!
    hanbei

  • 「信長の野望〜天翔記(PK) KOEI製」
    武将育成系戦国シミュレーション。
    喝だけで智謀Max!?
    だるくなったら、委任するとクリアしてくれる、貴重なゲームかも。

  • 「紺碧の艦隊2PERFECT」
    クリア条件がよく分からないから、とりあえず世界征服して終了。
    (本来は、世界平和を目指すゲーム)


くそゲ〜賛歌(2014/9/12〜10/25追加)
各項目をクリック(タップ)!

KOEI編

ARTDINK編

その他編

18禁なもの

それでも、何回かあるいは何回もプレイしてしまっていたりするんだよね。

くそげ〜とエンターテインメント

いろいろな、くだらないネタを挙げしてしまったが、「くそげ〜」とは何かと問われると、

「プレイしている自分にむかついてくるゲーム」

であると、しておきたい。(上の内容とだいぶ違う気もする。上のは「だめげ〜」かな。)

1990年代あたりからネットゲームが流行りだす2000年代前半くらいまでの間は特に「くそげ〜」と呼べるものが少なくなってしまった。プレイ時間を無駄に長くして、いらつきもせず、プレーヤーに寛容的で、そして飽きさせて次のゲームを買ってもらう戦略をゲーム会社が盛んに採ったことによるものと思われるこの動きはゲームを堕落させた。
容易な作業でしかないゲームにいくらでも時間を使えるから、依存症にもなる。
いくらでも元の状態に戻せるから、人や物を大事にできない傲慢な人間が出来上がる。
結局、自分を制御できない人間と時間を無駄に浪費する社会が出来上がってしまうのだ。

また、ネットゲーにしても初期こそ冒険心を持ってゲームが開発されたものの、10年も経つと、依存心・射幸心などに頼った販売方針が採られるようになる。
結局、ゲームやエンターテインメントとはどうあるべきなのだろうか?

ふとこう思う、エンターテインメントなんてものは消費されるべきものではないかと。しかし、何かが違う。小説や演劇にしても忘れてはいけない何かを強く語りかけるものは多い。
では、ゲームはどうなのだろうか?ゲームのテキスト部分を除いて考えると、ゲームの特性は脳(認知と行動)の訓練にあるように思う。自分に納得できないから訓練も必要なのだ。
そう、むかつかなくなったゲームなんかやめて、「くそげ〜」を次々と消費しながら現実を見つめたほうがいくらかマシなのではないだろうか。

意見のある方などはこちら⇒



2005/06/26 かねやん
2017/04/15 Last update