戻る
東海道歩き旅2005 - 坂下〜土山

今回の地図。

三重県内の道順は「みえ歴史街道ウォーキング・マップ」に準じています。鈴鹿峠の区間はあいまいです。

松屋本陣跡碑

前回から少し戻って、坂下宿(解説)の松屋本陣跡から。付近には他に梅屋本陣跡碑法案寺が、橋を渡ると、小竹屋脇本陣跡碑があります。
その先にある橋の先、左に少し入る道が東海道とのこと。

すすき

すすきが綺麗ですね。坂下宿を過ぎた辺り、石垣がよく残っています。
その先、国道1号線と合流する辺りに岩屋観音碑があります。

道

道に右側、起伏の大きい道が東海道と思われます。

交差点

川の手前のこちらの交差点を右に入る道が東海道です。ここから舗装はなくなります。片山神社の参道が東海道となっています。

片山神社鳥居

片山神社の鳥居を右側に進む道が東海道です。ここから鈴鹿峠(解説1解説2)が始まります。付近には、板碑石垣燈篭坂があります。久しぶりの急坂ですね。

untitled

しばらく進んで、国道1号線の高架下の階段を登る道が東海道です。なかなかの坂です。登った先付近には、句碑馬の水のみ鉢があります。

道

坂はまだ続きます。

道

東海自然歩道道標解説)が見えたら坂の頂上付近です。箱根に比べると大したことないですが、結構な坂でした。

境界石

しばらく平坦な道を歩いていくと伊勢の国(三重県)と近江の国(滋賀県)との境界石があります。残念ながら結構最近のものですね。境界を過ぎると下り坂になります。

茶畑

滋賀県に入った辺りは、一面の茶畑となっています。掛川辺りの茶畑を思い出しますね。しばらく進むと、アスファルトの道と合流します。まっすぐ方向が東海道です。

万人講常夜灯

こちらは万人講常夜灯(解説)。江戸時代建立のものです。なかなか大きいですね。
下り坂を降りていくとやがて国道1号線と合流します。しばらくは国道1号線を歩きます。

交差点

十楽寺常夜灯を過ぎて道路の右側、右に少し入っていく道が東海道です。付近には歌碑浮世絵土山があります(付近案内図)。

山中常夜灯

第二名神高架下辺りに常夜灯と公園があります。第二名神滋賀県起工のモニュメント解説)、山中地区圃場整備竣工記念碑等があります。

?野観音道(大原道)道標

国道1号線と合流する地点にある山中一里塚公園には、?野観音道(大原道)道標(解説)、鈴鹿馬子歌之碑モニュメントがあります。

東海道方向

東海道は道路の左側、写真の家の裏辺りを通っていたようですが、ここは国道1号線を直進します。

東海道方向

東海道は道路の右側を走っていたようですが、ここは国道1号線を直進します。

交差点

こちらの右に入っていく細い道が東海道です。付近には江ノ島神社があります。東海道は工場の高架下を通っていく道です。付近には蟹江地区圃場整備竣工記念碑蟹坂古戦場跡碑解説)があります。

街道橋

こちらは工事中のかいどうはし。歩いた時点ではかいどうはし付近は工事中でしたが、もう立派な道になっていると思います。先には高札場跡碑があります。
その先田村神社鳥居の交差点を左に曲がり、国道1号線を横切る道が東海道です。先には、道の駅あいの土山があります。その先、突き当りを右に曲がる道が東海道です(付近案内図)。

東海道土山宿碑

そろそろ土山宿のようですね。

土山宿枡形

桝形が見えてきました。ここからは土山宿のようですね。次回に続きます。

踏破日:2005/11/5
今回歩いた総距離:7.35km
今回の平均速度:2.79km/h

今回のアルバム

次へ


2007/1/7 初版 かねやん
2007/1/13 土山宿入口を修正 かねやん