戻る
東海道歩き旅2005 - 鳴海〜宮

今回の地図。

鳴海宿枡形

前回の続きで、鳴海宿の枡形から。角には大名行列の彫刻碑があります。しばらく進んで、中島橋を渡ると、鳴海の宿が賑わっていたと思われますが、いまは普通の住宅街です。付近には、瑞泉寺解説)、万福寺等があります。

鳴海宿枡形

二つ目の枡形ですね。しばらく進んで本町交差点を右に行くと、誓願寺、円道寺、鳴海城跡公園にいけます。

鳴海宿本陣跡

鳴海宿の本陣跡(解説)は、蔵のような建物となっていました。付近には、大名茶屋・善如意寺等があります。少し進むと、作町交差点に突き当たりますので、東海道は右です。

丹下町常夜灯

丹下町常夜灯(解説)です。鳴海宿ともお別れですね。

鉾ノ木貝塚

東海道の脇の小山に建っている解説板、鉾ノ木貝塚です。解説板が建ってないと貝塚とは分かりませんが、東海道に残る貴重な遺跡です。付近には、緒畑稲荷神社があります。
東海道は山王山交差点で道を渡って向こう側、しばらく歩いた交差点で広い道と合流、その後天白川天白橋を渡っていきます。

東海道道標

街道の節々には新しそうな道標が建っています。

笠寺一里塚

道なりに右に曲がった先の交差点に笠寺一里塚(解説アップ)があります。片側の一里塚がしっかり残っています。

笠覆寺

しばらく歩くと、笠覆寺(笠寺観音・解説)があります。もなかなか立派ですね。

交差点

笠寺裏門(?)正面の道を商店街に入る道が東海道です。

本堂

笠寺に入ってみました。本堂のほかに、玉照姫六地蔵解説)、板碑多宝塔等があります。

笠寺商店街入口

ちょっと分かりづらいですが、笠寺出口正面の道を商店街に入る道が東海道です。その先、大きい道を渡って、商店街を進み、名鉄名古屋本線踏切を渡って、すぐの交差点を右に曲がっていきます。

東海道碑

清水稲荷神社入口には東海道碑(解説)が建っています。
東海道は、国道1号線を横切って向こう側です。付近には地蔵院があります。

解説:東海道宿駅制度制定四百年記念碑

熊野三社にも東海道碑が建っています。

東海道道標

坂とは呼べないような平坦な道なので安心です。付近には法泉寺があります。東海道は、山崎川山崎橋を渡って、左に曲がります。橋手前に神社解説)、渡った先にも神社があります。この先、名古屋高速線高架を横切って、国道1号線と合流、すぐの高架橋を登らずに左の側道に入り、東海道本線踏切を渡り、左斜め前の道に入ります。

熱田橋

新堀川に架かる熱田橋を渡ると、もう宮の宿だと思います。次回に続きます。

踏破日:2005/11/1
今回歩いた総距離:6.83km
今回の平均速度:2.26km/h

今回のアルバム

次へ


2006/11/19 初版 かねやん