戻る
東海道歩き旅2005 - 藤川〜岡崎

今回の地図。

藤川宿東棒鼻跡

前回の続きで、藤川宿東棒鼻跡(アップ解説1解説2)から。付近には浮世絵藤川や、里程表、藤川の解説板(解説1解説2)などがあり、左側の細い道を行く方が東海道となっていて、その先に曲手(枡形、解説)があります。枡形の付近には、市場改耕碑常夜灯があります。

町並み

藤川宿の町並みです。下町といった感じでしょうか。付近には、津島神社鳥居藤川郵便局解説板明星院称名寺等があります。

藤川宿第二資料館

藤川宿第二資料館。入ってません。

解説:藤川宿の本陣跡

本陣跡は、解説板が飾ってあるものでした。

藤川宿資料館

藤川宿のメイン、藤川宿脇本陣跡解説1解説2)にある藤川宿資料館です。藤川宿の構成や助郷村の地図、高札、藤川宿のジオラマ等が飾ってあります(付近案内図)。

藤川宿碑

藤川宿碑と藤川宿の案内(解説3解説4)もあります。近くには、関山神社常夜灯があります。

藤川宿西棒鼻

藤川宿の西棒鼻(アップ解説)。藤川宿とはここでおわかれですね。

藤川宿歌碑

藤川宿の歌川豊広歌碑、解説板付きの歌碑です。歌碑・句碑は意味不明なことが多いので、ありがたいですね。
先には、十王堂解説)、芭蕉句碑解説)、一里塚跡解説)があります。

松並木の始まり

一里塚跡を過ぎると松並木(解説1解説2)の始まりです。途中には、吉良道道標解説)があります。

踏切

踏切をまたいでの松並木、なかなかきれいですね。

交差点

松並木が終わると、国道1号線と合流です。合流地点には藤川の案内板(解説5解説6)があります。

交差点

国道1号線をしばらく歩き、阿弥陀寺を過ぎたこちらの交差点を斜め左に入る道が東海道です。坂下橋を過ぎて少し進むと松並木が少し残っています。

乙川

山網川を過ぎて少し進むと、乙川に突き当たります。今は橋がないので、隣の国道1号線・大平橋を歩き、渡り終わった先の交差点を左に入って、次の交差点の左右が東海道です。左に曲がると、大平川水神社解説)があります。先を急ぐ場合は右です。
東海道に戻って、しばらく道なりに進み、国道1号線の交差点を横切ります。この先には、薬師寺専光寺があります。

大平一里塚

大平一里塚(解説1解説2)。久しぶりの形の整った一里塚です。

大平八幡宮

しばらく進んで、国道1号線と合流するところに、大平八幡宮があります。

交差点

大きい立体交差の手前を右斜めに入る道が東海道です。この先ガード下ガード下ガード下を通って、その先を道なりに合流して、さらに国道1号線と合流してまっすぐです。

小道

高架下をくぐって、こちらの小道を入っていく道が東海道です。公園横の道や、国道1号線の隣を進んでいきます。途中には、法光寺があります。

岡崎二十七曲入口

さて、岡崎二十七曲の看板が見えてきました。この辺りから岡崎かなというところで、次回に続きます。

踏破日:2005/10/28
今回歩いた総距離:7.29km
今回の平均速度:2.15km/h

今回のアルバム

次へ


2006/10/29 初版 かねやん