戻る
東海道歩き旅2005 - 白須賀〜二川

今回の地図。

白須賀宿曲尺手

前回の続きで白須賀宿の曲尺手(かねんて・解説)から。

白須賀宿本陣跡

白須賀宿の本陣跡は、小さい石碑と解説板でした。宿内には脇本陣跡や、夏目甕麿邸址・加納諸平生誕地(解説)、神明宮火防解説)等があります。白須賀宿の外れに来るとと、道は少し左に入り、やがて広い道と合流します(付近案内図)。合流の手前には、高札立場跡成林寺が、先には笠子神社があります。

境川

長かった静岡県が終わり、愛知県に入りました。昔だと遠江国と三河国の国境ですね。見えにくいですが、下には境川が流れています。境川を過ぎると、しばらくして国道1号線(バイパス)と合流します。手持ちの地図には国道1号線バイパスが載っていなかったので、ちょっと驚きました。合流点には、一里山七本松植樹があります。少し進むと一里山の一里塚(解説)がありますが、ちょっと山が大きすぎて一里塚という雰囲気ではなかったですね。

道

東海道はこの先、東海道新幹線のガード下まで道なりです。道の左右には畑が広がっています。

東海道新幹線

東海道は新幹線で分断されているので、少し先にあるガード下をくぐります。

東海道線踏切

新幹線ガード下をくぐり、すじかいはしを渡ると、今度は東海道線で分断されていますので、少し右の踏切を渡り左方向に進みます。

交差点

東海道線を渡ってすぐに枡形のようなところに着きました。そろそろ二川宿でしょうか。付近には一里塚跡妙泉寺八幡神社解説)があります。

格子戸の家

なかなか綺麗な格子戸の家ですね。

二川宿の桝形

またまた枡形です。ここまで来ると確実に二川宿です。というわけで次回に続きます。

踏破日:2005/10/25
今回歩いた総距離:6.33km
今回の平均速度:3.53km/h

今回のアルバム

次へ


2006/10/4 初版 かねやん