戻る
東海道歩き旅2005 - 袋井〜見付

今回の地図。

袋井宿入口

前回の続きで天橋を過ぎたところから。東海道は写真の右手に曲がっていく道ですが、その前に。

東海道どまん中茶屋

天橋の角に茶屋があります。休日は旅人で賑わっていますので、寄っていきましょう。ボランティアの方の笑顔で旅の疲れが取れます。

袋井宿東本陣跡

袋井宿の町並みをしばらく進むと見えてくるのが、東本陣跡(解説1解説2解説3)です。ちょっとした公園ですね。

袋井宿場公園

東本陣跡の先、左手には、袋井宿場公園があります。休憩スポットが多くていいですね。

復元高札場

少し進むと、川の手前に復元高札場があります(付近案内図)。土手の解説や、高札場の解説秋葉山常夜灯の解説が展示されています。さて、東海道は御幸橋を渡って、道なりに進んでいきます。途中に、東海道どまん中西小学校旧澤野医院解説)があります。更に進むと、川井交差点で広い道と合流しますが、しばらく進み松橋を渡ると、歩道橋の手前を細い道へ入っていきます。

復元木原一里塚

復元木原一里塚(解説1解説2解説3)。復元と言うことですが、かなり力作ですね。実際の一里塚は少し手前にあったそうです。

許弥神社

一里塚跡から少し進んだところにある許弥神社(解説)。なかなか立派な神社です。境内には徳川家康公腰掛石というのがあって、三方ヶ原の合戦の前哨戦である木原畷の合戦(解説1解説2)が行われた場所なのだそうです。徳川家康が大敗を喫した三方ヶ原は浜松の北のほうにあるそうです。東海道に戻って、細い道を進んでいくとすぐに、広い道と合流です。しばらく進むと太田川・三ヶ野橋があるので、渡りましょう。その先、交差点をバイパスの左側に沿って進む道が東海道です。

道

なにか、心細くなってきましたが、道なりにまっすぐ森の中を進んでいきます。

道標

心細い森の出口、こちらの道標のある交差点を右に曲がる道が東海道です。この先はしばらく道なりです。

松並木の道

短い区間ですが、松並木が残ってきます。この先、国道1号線と合流後、すぐに右側少し細い道へ入っていきます。

見付宿木戸跡

細い道を道なりに進んで、少し広い道と合流する手前に、見付宿木戸跡の看板を発見しました。というわけで、次回に続きます。

踏破日:2005/10/23
今回歩いた総距離:6.38km
今回の平均速度:3.30km/h

今回のアルバム

次へ


2006/9/11 初版 かねやん