戻る
東海道歩き旅2005 - 金谷〜日坂

今回の地図。

金谷宿入口

前回の続きで、大井川を渡った土手の付近から。

水神公園

ちょっと進んだ水神公園に、金谷宿大井川川越之図解説)が飾ってありました。なかなか涼しそうな絵ですね。東海道は、写真の八軒屋橋を渡って、大井川鉄道の踏切を渡って道なりにまっすぐです。

大井川鉄道のSL

大井川鉄道ではSLを見ることができます。踏み切りの少し川下、新金谷駅から撮った写真です(付近案内図)。新金谷駅には、川越し資料館があったのですが、閉館してしまいました。残念。

東海道は、大代橋を渡って、狭い道を通って道なりにまっすぐです。

金谷宿本陣跡佐塚屋

しばらく進んでいくと、本屋の脇に、金谷宿本陣跡佐塚屋の看板を発見しました。その先バス停脇の公園には、柏屋本陣跡解説)もあります。金谷宿には本陣が三つもあったとのこと。川止めで渡れないときは、何日間もここで足止めされたとのこと。今は橋を渡るだけですが、昔は大変だったんですね。東海道はこの辺りから、緩やかな上り坂となっています。

金谷駅

しばらく進むと、金谷駅につきます。金谷駅手前には、金谷町名所旧跡一覧一里塚跡等があります。東海道はガード下をくぐって、右に曲がる道です。この辺りは道標が多数出ていますので、安心して進むことができます。東海道線を越した先には、長光寺があります。東海道はこの辺りから、が厳しくなってきます。この辺りから金谷坂ですかね。

石垣

駅の裏の道ではきれいな綺麗な石垣を見ることができます。この先、東海道は国道473号線によって分断されています。右側の道を登って、元の位置まで戻ります。標識が出ているので、すぐに分かります。

東海道金谷坂の石畳

しばらく上り坂を登ると石畳(解説)が始まりました。結構きつい坂です。付近に、庚申堂解説)の広場があり、鶏頭塚鶏頭塚)や地蔵を見ることができます。道の左側には、茶畑が広がっています。

坂の上

石畳が終わった辺りで坂が緩やかになります。東海道は道なりにまっすぐ(写真右側)方向です。付近には、芭蕉句碑があります。

菊川坂の始まり

下り坂も石畳です。峠の手前付近には、諏訪原城跡解説)があります。

菊川坂石畳アップ

しばらく進むと、菊川坂石畳の解説板があり、江戸時代の石畳の一部が残っていました。箱根の石畳と同じ感じです。菊川坂をが終わると、間の宿菊川の町並み解説)に入っていきます。東海道は、を渡って、しばらく進んだ後に左に進む道です(付近案内図)。

お祭り

菊川の里はお祭りの最中でした。立派な山車がでています。

交差点

菊川の町並みが終わると、また上り坂です。小夜の中山と言う緩やかなアップダウンの続く長い道のりの始まりです。

茶畑と風車

小夜の中山は一面の茶畑となっています。小型風車のある特徴的な風景ですね。でも最初は茶畑に見とれていましたが、やがて見飽きてきます。延々と茶畑の間を抜ける道が続きます。アップダウンと単調な風景で疲れてきます。島田市と掛川市の境を越えると、様々な歌碑を見ることができます。久延寺の手前までに、阿佛尼歌碑解説)、衣笠内大臣歌碑解説)を見ることができます。

久延寺の門

こちらが久延寺(解説1解説2)の門。山内一豊が、関ヶ原を前にして会津に向かう徳川家康をもてなした場所とのこと。

久延寺

こちらが、久延寺の本堂。ちょっと古い感じがいいですね。久延寺では他に、梵鐘石碑群お地蔵様夜泣石(複製・解説)、茶亭跡解説)、橘為仲歌碑解説)を見ることができます(付近案内図)。久延寺の隣には、扇屋(年季の入ったお店)と、西行歌碑解説)があります。また、少し進んだところには、小夜鹿一里塚解説)があり、見所が一度にやってきた感じがあります。小夜鹿一里塚付近には、蓮生法師歌碑解説)もあります。

茶畑と風車

久延寺近辺を過ぎると、また茶畑が延々と続きます。付近には、鎧塚解説)があります。

蜘蛛に注意

紀友則歌碑解説)を撮ろうとした時に発見した大蜘蛛(画面真中左)。掛川市に入って、歌碑が多くあるのはいいのですが、蜘蛛の巣注意です。他に、藤原家隆歌碑解説)、芭蕉句碑解説)があります。白山神社を過ぎると、壬生忠岑歌碑解説)があります。

交差点

久しぶりの交差点。東海道は、鉄塔のほうに向かう道です。付近には、馬頭観世音解説)、妊婦の墓解説)があります。

涼み松広場

涼み松広場(解説)。松雄芭蕉が小休止した場所なのだそうです。付近には、芭蕉句碑解説)、夜泣石跡解説)、広重の日坂夜泣石解説)があります。

西坂は更に急勾配

さて、延々と続いた茶畑が終わると、西坂(解説)の始まりです。結構な急勾配です。付近には、読人不知歌碑解説)があります。

日坂宿の石垣と水路跡

西坂を下っていると、日坂宿の石垣と水路跡を見つけました。もうこの辺りから日坂宿のようです。長かった小夜の中山を過ぎて、ようやく日坂です。次回に続きます。

踏破日:2005/10/22
今回歩いた総距離:8.13km
今回の平均速度:2.04km/h

今回のアルバム

次へ


2006/8/5 初版 かねやん