戻る
東海道歩き旅2005 - 江尻〜府中

今回の地図。

江尻宿東木戸跡

前回の続きでこちらの江尻宿東木戸跡(解説)から。この辺りには、一里塚跡(解説)もあります。

解説:鍛冶町

町の歴史・由来が詳細に解説されています。郷土に愛着が持てそうですね。この辺りには、江浄寺があります。

江尻商店街入口

しばらく進むと、清水銀座商店街に入ってきます。右に曲がる道が東海道です。清水銀座商店街には、鯨のモニュメントがあります。何か異様な雰囲気がありますが、由来はよく分かりません。東海道は商店街の出口を左折です。

稚児橋

江尻の商店街を出ると稚児橋(解説)があります。お子様がかわいらしいですね。東海道は、二つ目の交差点を右に曲がって、道なりにまっすぐです。

道標

清水港・久能山の追分道標。是よりしみづ道と書いてあるようです。この辺りには、延寿院都鳥供養塔解説)、大澤川改修之碑解説)等があります。東海道は、東海道線踏切を渡って、道なりです。踏切を越えた辺りには、久能寺観音東海道解説板上原安地地蔵堂解説1解説2)等があります。

松並木

なかなかの松並木ですね。東海道は、この後、大きい道と合流してまっすぐです。大きい道との交差点の先には、一里塚碑解説)があります。

草薙神社鳥居

横からで見えづらいですが、草薙神社の鳥居です。鳥居の下には、道標があります。東海道は次の交差点を左に曲がり、すぐ次の道を右折して細い道へ入ります。

??達磨大師像

達磨大師像(解説)、なかなかかわいらしいですね。東海道は東名高速高架下をくぐって、道なりです。

交差点

道なりに進むと、交差点にあたります。この辺り東海道が消えているようですので、少し左の道に入るのが良いと思います。

石碑群

少し左の道を入った先は草薙球場です。石碑群庚申塔群を見ることができます。この辺りを区画整備するときに移築されたものだと思います。この先の地下道をくぐって先に進む道が東海道と思われます。

何かの像

何かよくわからない像です。東海道はこの先、東海道本線に向かう道です。東海道本線にぶつかると、旧東海道記念碑解説)があり、東海道がJRに占拠されていることが分かります。で、道路右側の地下道に入るしかないです。この地下道は、狭いのもかかわらず車が高速で進んでいく大変マナーの悪い道ですので、注意してください。東海道本線をくぐると、出口階段があるので登ります。その後、静岡鉄道高架下をくぐり、次の交差点を右に曲がる道から東海道が復活しています。東海道は、大谷川を渡り、国道1号線と交差します。交差といっても少しだけ合流し、次の長浜交差点右に入る道が東海道です。

古い溝と石垣

改修の跡がありますが、石垣と石橋は結構古そうなものですね。この辺りには、久應寺長沼一里塚跡があります。この先、静岡鉄道線の横を通り、護国神社の辺りから国道1号線方向に曲がっていき、すぐに国道1号線と交差します。

行き止まり

国道1号線と交差した先は東海道は旧国鉄によって消滅しています。しかたがないので、右方向に回り道です。

柚木交差点

東海道が途切れているので、国道1号線のこちらの交差点を左折、東海道線ガード下をくぐります。

東海道線ガード下の先

東海道線ガード下の先こちらの高架橋を上がって右に進む道から、東海道が復活です。この辺りには、法蔵寺があります。その先、変則四叉路を右に進んで、東海道線ガード下を通る道が東海道です。この後さらに、国道1号線交差点を道なりに交差して進みます。

商店街入口

なにやら、商店街に入ってきました。府中もそろそろでしょうか。この辺りには、西宮神社があります。

つつじ通り交差点

さて、府中宿の入口がよくわからないので、このつつじ通り交差点で次回に続きます。今回は何度も東海道本線・国道1号線と交差して大変でしたね。

踏破日:2005/10/20
今回歩いた総距離:11.38km
今回の平均速度:2.22km/h

今回のアルバム

次へ


2006/7/22 初版 かねやん