戻る
東海道歩き旅2005 - 平塚〜大磯

今回の地図。 ルート詳細はこちら

平塚宿の江戸見附跡

今回は、平塚宿の入口こちらの江戸見附跡(解説)から。大きな道の端に石垣のモニュメントがあります。

平塚宿(旧東海道)史跡絵地図

見附跡付近に、平塚宿内の観光案内が飾ってありました。ありがたいですね。この辺りには、平塚小学校跡のクスノキ解説)、脇本陣跡解説)があります。

平塚宿本陣旧跡

こちらが、本陣跡。柱と石碑があるだけで、ちょっと寂しいですね。この辺りには、高札場跡解説)、東問屋場跡解説)があります。
この先、東海道は右に曲がります。曲り角には西問屋場跡解説)があります。

平塚の塚

これは、平塚の地名の由来となった平塚の塚(解説)です。前記の交差点を右に曲がって少し進んだ辺りにあります。平塚の塚の辺りには、要法寺解説)、無縁供養塔鏡山お初の墓解説)、春日神社等平塚宿一番の見所となっています。
さて東海道に戻って、市道を進むと国道1号線と合流して左方向に曲がります。

平塚宿京方見附之跡

こちらは、平塚宿の京方見附跡(解説)です。こちらは、江戸方見附より大きくて塚になっていますね。

大磯町入口

京方見附を過ぎるとすぐに、大磯町に入りました。右側は高麗山(こまやま)です。形が特異なため、浮世絵にも書かれています。

花水橋

しばらく進むと川があり、花水橋があります。この辺りには、平成の一里塚跡解説板があります。

高來神社の鳥居

川を渡ると、高来(たかく)神社の鳥居が右側に見えます。少し寄り道して、入ってみました。

中には、大磯町観光案内図 、慶覚院(解説1解説2)、慶覚院の梵鐘慶覚院の石碑があります。

高來神社2

こちらが高来神社。大きくて何個も建物があります。他に石碑群シイニッケイ等があります。

化粧坂交差点

東海道に戻って、しばらく進むと右に曲がる道があります。右側が東海道ですで、なだらかな上り坂で、化粧坂(けわいざか)という名前がついています。この辺りには、虎御前が化粧水に使ったと言われる化粧井戸解説)や、一里塚跡(解説)があります。虎御前というのは、鎌倉時代の女性で曾我十郎の奥さんなのだそうです。で、曾我十郎というのは、曾我兄弟の兄のほうで仇討ち歌舞伎の主人公だそうです。この旅先で、何回か登場するので、覚えておきましょう。
化粧坂はやがて、下り坂になり難所もなく終わります。坂の下辺りに、東海道本線があります。

大磯宿の松並木

東海道本線をくぐると、見事な松並木があります。昔の道幅が残っていて、道路なんかお構いなしに、松が斜めに立っているのが印象的です。道の両脇に松並木を見ることができるのは、ここが最初ですかね。東海道はやがて国道1号線と合流します。

三澤橋

さて、しばらくすると川があって三澤橋があります。大磯宿の入口はもうほんの少し先の交差点ですが、今回はここまでです。

踏破日:2005/09/19
今回歩いた総距離:4.19km
今回の平均速度:2.34km/h

今回のアルバム

次へ


2006/6/11 初版 かねやん
2006/6/24 Google Mapを採用 かねやん