戻る
東海道歩き旅2005 - 神奈川〜保土ヶ谷

今回の地図。 ルート詳細はこちら

神奈川新町の駅入口

この日は前回からの続きです。神奈川宿の土居跡から、東海道(第一京浜)に戻ってきました。
保土ヶ谷を目指して、ぼちぼち歩きましょう。

解説:神奈川宿歴史の道

東海道(第一京浜)から、一つ京急よりの道が、神奈川宿歴史の道として整備されています。東海道を忠実に歩くなら、第一京浜を直進、風情を楽しみながら歩くなら神奈川宿歴史の道がよいです。神奈川新町の駅付近には、良泉寺笠ノギ稲荷神社新明宮上無川跡能満寺等があります。

神奈川宿のモニュメント1

神奈川宿歴史の道を歩いて仲木戸駅(東神奈川駅)の近くまで行くと、小学校の壁に神奈川宿の絵図が飾ってあります。教育によさそうですね。この辺りには、東光寺もあります。

金蔵院の柳

仲木戸駅(東神奈川駅)を過ぎて少しあると、神奈川宿歴史の道沿いに金蔵院があります。きれいな柳です。対面には熊野神社もあり、都会の中のオアシスのようになっています。

神奈川地区センター

神奈川宿歴史の道沿いにさらに歩くと、神奈川地区センターがあります。復元高札場や神奈川宿模型等があり、郷土史を学ぶのにいい場所です。この辺りには、成仏寺があります。

亀

さて、神奈川宿歴史の道のシンボルとして、歩道の棒があります。一見サッカーボールにしか見えないのですが、実は浦島太郎伝説の亀。よく見ると、頭と尻尾があり、サッカーボールではないです。しばらく進むと滝の川が見えてきます。この辺りには、浦島太郎伝説関連の慶運寺の他、浄龍寺宗興寺神奈川の大井戸跡があります。滝の川を東海道まで戻ると、神奈川宿本陣跡がありますが、本陣と思わせるものは説明板だけとなっています。

権現山の石碑2

いや〜、ネコさんがいいですね。滝の川を渡ってすぐの権現山の石碑です。北条早雲時代の合戦跡なのだそうです。滝の川周辺には他に、ちょっと遠いですが神奈川台場跡があります。さて、滝の川を渡って東海道は宮前商店街に入っていきます。この辺りは、州崎大神普門寺甚行寺等があります。

青木橋

宮前商店街をを抜けると神奈川駅・青木橋に着きます。光が入って、失敗作になっていますが、左のビルとビルの谷間が東海道。右側が神奈川台で、見えているのは三宝寺です。神奈川台には、三宝寺の他、本覚寺望欣台の碑弁玉の歌碑高島嘉右衛門の碑等があります。

神奈川台の町並み

神奈川台の町並みに入ると、東海道で初の上り坂になります。神奈川台には、金刀比羅宮(一里塚跡)、神奈川台の関門跡があります。神奈川台の登りはすぐに終わってしまい、下り坂になります。初の上り坂なのに結構疲れてしまいました。まあ、神奈川台の上にのぼったりしてたからですね。

大きい道と合流

神奈川台の下り坂が終わると、東海道は大きい道(横浜環状1号線)と合流します。
本によっては、画面右側の道を東海道としているものがありますが、間違いなのだそうですので、注意が必要です。環状1号線との合流点付近には、勧行寺があります。

浅間下交差点の交番
環状1号線と合流したのもつかの間、画面のレトロな雰囲気の交番の辺りから、東海道は右に(交番裏の浅間下公園を横切るように)曲がります。「東海道五十三次ハンドブック」にはあいまいにしか書いていないので、注意が必要ですね。この辺りには、浅間神社があります。時期は忘れましたが、大きなお祭りを毎年やってます。

解説:江戸方見附跡

さて、少し細い道を進むとやがて、松原商店街に入り、さらに、大きい道(八王子街道)を越えたあたりが、保土ヶ谷宿の入口のようです。というわけで、今回はここまでです。

踏破日:2005/09/14(メイン),9/11(下見),8/30(準備運動)
今回歩いた総距離:8.55km
今回の平均速度:1.28km/h

今回のアルバム
東海道を歩き始めたときは、この辺りに住んでいたので何回かに分けて探索しています。
次へ



2006/5/22 初版 かねやん
2006/6/24 Google Mapを採用 かねやん
2006/11/19 参考本を明記 かねやん