前へ 戻る
東海道歩き旅2005 - 品川〜川崎

今回の地図。 ルート詳細はこちら

再び八つ山橋付近の京急踏切

東海道歩き旅も二日目。すっかり寝坊して昼からになってしまいました(^^;)。昨日の続きのこの踏み切りから、張り切って行きましょう。

品川一里塚跡

北品川の町並みを歩いて行くと、品川一里塚跡の公園があります。二番目の一里塚という解説があり、昔の旅人が一里塚で一休みしていた風景が思い浮かばれます。この辺りには問答河原跡法禅寺養願寺等があります。また、少し沖には利田神社鯨塚等があり、品川区による様々な解説を楽しみながら、散歩ができるようになっています。

品川橋

少し進むと、目黒川の品川橋に着きます。東海道を意識した立派な橋になっています。この辺りでは、品川神社、稼穡稲荷荏原神社品川宿本陣跡海徳寺等が名所・旧跡でしょうか。少し沖には寄木神社、少し上流に沢庵和尚ゆかりの東海寺があります。品川宿はお寺だらけです。宿場では、大名行列の退避用に、多くの寺があります。大名行列がすれ違うときに、下位の大名は駕籠を降りて頭を下げないといけないことになっていたので、面子のために最寄の寺に駆け込んで、頭を下げるのを避けたのだそうです。

品川のねこ

しばらく進むと、公園で日向ぼっこしている猫を発見。気持ちよさそうに寝ているので、つい眠気が(^^;)。この辺りには、心海寺妙蓮寺本光寺海蔵寺天妙国寺など、ほんと寺だらけです。

品川寺の門

眠気をこらえて、しばらく進むと青物横丁駅の近くに品川寺(ほんせんじ)があります。横に写っている大仏が有名なのだそうです。このあたりには、海雲寺海晏寺もあります。少し進むと、鮫洲の八幡神社もあります。

浜川橋(涙橋)

しばらく歩いて、立会川駅を過ぎると浜川橋があります。ここは江戸時代、鈴ヶ森刑場に送られる死刑囚をこっそり見送ってきた家族が、最後のお別れをするところということで、涙橋という別名がついています。

鈴ヶ森遺跡3

さらに進んで、大きい道(第一京浜国道)と合流するところにあるのが、鈴ヶ森遺跡(刑場跡)です。無縁供養塔等多数の石碑があり、処刑された人の数が多いことが推測されます。
激しく寄り道をしていたせいで、もう暗くなってきてしまいましたが、第一京浜は明るいので進むことにしました。

梅屋敷公園

暗い中を進み梅屋敷駅辺りまで行くと、梅屋敷公園がありました。薬屋の庭園だったようです。歌碑などがありますが、暗くてよく分かりませんでした。ここは、第一京浜国道の拡幅により縮小(廃止?)されることになるようです。

第一京浜の京急踏切

この日の最後の写真は、マラソン・駅伝でちょっとばかり有名な、京急踏切です。この踏み切りはマラソンランナー泣かせの踏み切りとして存在感がありましたが、高架の工事がされていて廃止になるようです。
この日は六郷橋(多摩川)の前まで歩きましたが、写真をとるのはすっかり忘れてました。ということで、次回にに続きます。

踏破日:2005/09/12
この日歩いた総距離:11.00km
この日の平均速度:1.53km/h

この日のアルバム

次へ


2006/5/14 初版 かねやん
2006/6/24 Google Mapを採用 かねやん