かねやんの部屋に戻る
かねやんの不定期日記  
 

2011年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事
Androidスマホからガラケーに戻し ..

Windos10 (64bit)設定メモ

サーバ用ノートPCから異音

続・Windows10にしてみた

サーバ用ノートPCから異音

Windows10にしてみた

西国街道・山陽道を歩き終えまし ..

PC起動しなくなった

ワールドカップ2014予想

過去ログ
2016年 8月
2015年11月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 2月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2012年12月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 3月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 4月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月

 

トップページ
2011年 7月

原発危機
原発に関する私見。

1.安全神話の崩壊

以前、主張したことだが、
安全で無いものを安全だと思考停止して設計すれば当然危険極まりないものが出来上がる。

ちなみに最も危険な原子力施設は
福井県敦賀市の「もんじゅ」
なので、引っ越すことがあるのであれば、注意しておこう。
中を流れているナトリウムは外気に触れるだけで爆発する危険極まりないもの。
科学的な空想レベルのものを、政治的理由で無理やり具現化したと思われる施設。

他に
・事故が起きた、福島第一原子力発電所
 M8中盤の余震が起こる可能性があり、再び危機的状況になる可能性あり。
・静岡県御前崎市の「浜岡原子力発電所」
 原子炉が停止しているものの、想定外の津波が来れば十分危険。(福島第一では停止していた原子炉建屋も水素爆発を起こした)
・敦賀湾一帯の原発地帯
 大規模な津波の痕跡が見つかったとの報道も
など、他の原発も危険な点を上げれば切りがないらしい。

保安上の理由等で情報公開が少なく、一般で検証されることがないことが危機を助長している。

2.原発にかかる費用は果たして安いのか?

以下の記事によると、
原発新設の莫大なコストが莫大な儲けに直結 - プレジデントロイター
http://president.jp.reuters.com/category/%E6%9D%B1%E9%9B%BB%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%83%A9%E5%81%B4%E3%80%81%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AE%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AA/kwd

発表されている現在の発電コスト
原子力=5.3円/kW・h
石油火力=10.7円/kW・h

過去40年での実際のコスト
原子力=10.68円/kW・h
火力=9.9円/kW・h

近年、原油等の燃料費が上がっているため一概には言えないなどツッコミどころはあるだろうが、これはあんまりである。
原子力の燃料は低コストだが、宣伝費や政治工作費などで火力より高コストになっていたのだ!!
さらに、これから見込まれる莫大な事故保証金も原発解体費も入っていないので、さらに高コストなのだ!
日本人は完璧なものを求めがちで、それはそれで良し悪しあるのだが、費用対効果を考えると、原発は費用のほうが遥かに大きいことが明るみに出たわけである。

しかも、そんなことを言うメジャー報道機関が見当たらない。
官民学に報道が一体となって、(電力利用者である)国民を欺いた挙句にこの事故ということなのか?

このような悪夢は、一刻も早く終わらせたほうがよい。
電力利用者が損をするだけの原子力から足を洗って、再生可能エネルギーの開発に注力したほうがよほど将来有望なのだから。
ちなみに、火力は推奨しない。油田や炭鉱持ちの富豪たちが得をするだけ。

3.電力は不足するのか?

原子力は火力でカバーできる - プレジデントロイター
http://president.jp.reuters.com/category/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E3%81%AF%E7%81%AB%E5%8A%9B%E3%81%A7%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B/kwd

同じところの記事だが、電力会社は原発の発電力は発表するものの、火力発電の発電力を発表してないようだ。
何故、このような情報操作が平然として行われているのか、不可解極まりない。
あらゆる手を使って、原発が必要と主張したいのだろうか。
一般の報道では燃料が調達できないとか言っていたが、もしそうならあの人が、産油国を訪問して頭を下げてれば解決してた問題ってことなのか?

原発を即時停止せよとは言わないが、せめて20年以内に全て停止してほしいところだ。

2011/07/20(水) 01:36 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


スペイン7日目
スペイン7日目は帰るだけ、なのだが朝11時までホテルで自由だったので地図をもらって朝の散歩。

目的地は2kmくらいのところにあるこれ。
spain06_1
バルセロナのカンプ・ノウは全く見ることが出来なかったが、マドリッドのサンチャゴ・ベルナベウは外観を一周歩くことが出来た。
今はレアル・マドリッドの時代ではないので、カンプ・ノウの方をゆっくり見たかったがまあ、サンチャゴ・ベルナベウを一周できただけで幸せと言うことにしておこう。
観光客の姿はほとんど無く、街を歩く人が(市街地にあるので)それなりにいるだけだった。ジョギングしている人もいなかった。人が少なくて簡単に一周することができた。

その後、マドリッドの空港から帰国。
スペインは暑かったが、蒸し暑く無いだけましかな。
2011/07/11(月) 03:41 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


スペイン6日目
6日目はトレド、セゴビア、マドリッド。

spain05_1
トレド全景。旧市街は川に挟まれた城塞都市。

spain05_2
セゴビアの水道橋は壮観。

spain05_3
プラド美術館を200人くらいで貸切。宗教画が多いですが、ここはまともな絵がほとんどでした。

観光最終日になって、時差がおかしい事にようやく気付く。
夜が明るいのは夏時間だし白夜傾向なのかと思っていたが、朝6時頃に明るくなって、夜10時頃に暗くなる。
夏時間があるので約1時間ずれているはずなのに、2時間もずれている。
スペインとの時差は平時8時間でUTC+1、夏は7時間でUTC+2。
スペインは東の端くらいに緯度0度線がある(国土の大半が西経)ので、本来ならイギリスと同じUTC+0/夏はUTC+1となるはずだ。
添乗員に聞いても良く分からないので、帰って調べてみた。

スペインは中央ヨーロッパ時間を採用しているのだそうだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E6%99%82%E9%96%93 -Wikipedia 中央ヨーロッパ時間
上記によると、スペインからポーランドまで中央ヨーロッパ時間なのだそうだ。
便利なのか不便なのかよく分からないが、Wikipediaにも書いてあるように、冬の朝は暗いはずなので車に注意せねばならないだろう。
2011/07/11(月) 03:06 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


スペイン5日目
5日目はコルドバ市内観光の後、マドリッド市内観光。

spain04_1
コルドバの花の小径から見た、メスキータ(イスラム寺院)の塔。
イスラム寺院は中の装飾は豪華ですが、外は派手に作らないそうです。

spain04_2
超特急のAVEでマドリッドまで。

spain04_3
王立ソフィア王妃芸術センター。ピカソのゲルニカが飾ってあります。現代美術は意味不明です。
2011/07/11(月) 02:22 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


スペイン4日目
4日目はグラナダの村ミハスを見てから、セビージャ市内を観光。

spain03_1
ミハスは壁の色が白に統一された、小さい村です。

spain03_2
こちらは、途中に立ち寄ったひまわり畑。

spain03_3
入ることが出来なかった、カテドラル。残念。
2011/07/11(月) 02:03 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


スペイン3日目
3日目はラ・マンチャ地方で風車を見てから、アルハンブラ宮殿。

spain02_1
ただの風車です。

spain02_2
アルハンブラ宮殿は、宮殿内のこの池と、外の庭がいい感じです。
スペインは西暦711-1492年の頃にイスラム教徒に支配されているので、イスラム寺院が多く残っています。
また、その後の建築様式もイスラム建築とキリスト教建築の折衷になっているものが多いそうです。

バスの移動距離が長い。夜が短いのでみんなバスでも寝てました。
それと、日が暮れるのがとても遅いです。
2011/07/11(月) 01:34 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


スペイン1−2日目
先に書き込んだとおり、6月中旬にスペインに行ってきました。親の付き添いで。

1日目は飛行機で移動。バルセロナの空港に到着ですぐホテルで睡眠。
2日目はバルセロナ観光。

グエル公園、サグラダファミリア(写真は前の記事参照)、ミロ美術館を見学。
グエル公園はちょっと変わった趣向の公園。
サグラダファミリアは外観が特に素晴らしい。
ミロ美術館、全く理解不能、疲れただけでした。

その後、バレンシア地方に移動。
高速道路の脇からラス・ファレラスの水道橋を遠望。

spain01_2
工事中でした。
ビデオカメラで撮った動画の切り抜きは鮮明じゃないな〜。今度旅行するときはちゃんと自分のカメラでも撮ることにしよっと。
2011/07/11(月) 01:07 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


野球観戦
今日、7/3にカープ・ヤクルト戦に行ってきました。
結果は惨敗。
押し出し2つで、試合は2回で終了気味。
途中2点差になったものの、しらけたムードで点入る気がしない。
結局7-3で終了。次、見に行くときはもっと盛り上げて欲しいです。
2011/07/03(日) 22:18 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


スペイン
ちと、6月にスペインに行ってきました。
写真はサグラダファミリア。

esp201106
う〜ん、暑かった。
2011/07/03(日) 22:15 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


きゅうり
今年は接木に挑戦。
下の写真は失敗気味?
そこそこ、大きくなってるので大丈夫なのか?
kyuuri201107
2011/07/03(日) 22:10 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


△ページのトップへ
 


ログイン
保存

最近のコメント

携帯で読む
   URLを携帯に送る


本日   3
昨日   3
累計   20769



ここから買ってくれると助かるのですが。

Powered by CGI RESCUE