かねやんの部屋に戻る
かねやんの不定期日記  
 

2010年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
Androidスマホからガラケーに戻し ..

Windos10 (64bit)設定メモ

サーバ用ノートPCから異音

続・Windows10にしてみた

サーバ用ノートPCから異音

Windows10にしてみた

西国街道・山陽道を歩き終えまし ..

PC起動しなくなった

ワールドカップ2014予想

過去ログ
2016年 8月
2015年11月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 2月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2012年12月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 3月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 4月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月

 

トップページ
2010年 7月12日

ワールドカップ感想(29)
決勝
64 7/11(日) 27:30 オランダ(4) vs スペイン(2) ヨハネスブルグ/標高約1700m
パスサッカーのスペインと、魅惑の攻撃陣オランダとの決勝。勝てばお互い初のトロフィー。
前半、スペインは積極的な守備、オランダは前線でやや積極的な守備。スペインがボールを失わず保持する予想通りの展開。4分、スペインはFKからセルヒオ・ラモスがヘディングシュートもGKナイスセーブ。10分、スペインはセルヒオ・ラモスがサイド突破からシュートもディフェンスクリア。11分、ショートコーナーからビジャがシュートも枠の外。17分、オランダはスナイデルが直接FKを狙うもGKキャッチ。27分、オランダはデ・ヨンクがとび蹴りを出すが、何故かイエローどまり。37分、スペインはペドロがミドルシュートも枠の外。42分、スペインはシャビ・アロンソがFKを直接狙うも枠の外。45分、オランダはロッペンがミドルシュートもGKナイスセーブ。前半終了。スペインはパスサッカーをさせてもらえず。お互い消しあう試合になってしまった。
後半も同じ展開。6分、オランダはロッペンがミドルシュートもGKセーブ。9分、スペインはシャビが直接FKを狙うも枠の外。16分、オランダはカウンターからロッペンが完全に抜け出すも、カシージャスが出てナイスセーブ。24分、スペインはサイドからのクロスのこぼれがビジャの前にいくが、ディフェンスブロック。28分、スペインはビジャが直接FKを狙うも枠の外。31分、スペインはビジャがシュートもディフェンスブロック。続くCKに、セルヒオ・ラモスがフリーになるも、ヘディングは枠の外。37分、オランダはロッペンが抜け出しかけるも、GKが何とか出てキャッチ。プジョルがいまいち。このまま後半終了。
延長前半、1分、スペインは中央突破のこぼれからビジャがシュートもディフェンスブロック。その前にシャビが倒されたように見えたが。4分、オランダはショートカウンターからのスルーパスでセスク・ファブレガスが抜け出すが、GKナイスセーブ。このCKからマタイセンがヘディングも枠の外。8分、スペインはスルーパスからイニエスタが抜け出すも、シュートを打てず。10分、スペインはサイドからナバスがシュートもディフェンスブロック。13分、スペインはセスク・ファブレガスが突破しかけでシュートも枠の外。延長前半終了。セスクを投入したことで、スペインが押す展開も、点に結びつかない。
延長後半、フェルナンド・トーレスが出場。3分、スペインはスルーパスにイニエスタが突破したところをハイティンガが倒し、2枚目で退場。このFKを直接シャビが狙うも枠の外。9分、オランダはFKをスナイデルが直接狙うも壁。スペインはこぼれ玉をセスクからイニエスタに繋いでゴール、1−0。13分、フェルナンド・トーレスが怪我。オランダはパワープレーに出るが試合終了。スペインが初優勝。

洗練された守備戦術。
多くのチームが堅守速攻に運動量を織り混ぜる戦術で成功。しかし、見ていても面白くないし。結局はポゼッションサッカーで攻撃重視のスペインが優勝したが、今後も代表レベルでは堅守速攻に中盤の運動量・前線の個人技を織り混ぜるサッカーが主流になってしまうか。
前線の連携で崩す、美しいゴールが少なくなってしまった。

サッカーがつまらなくなる変更や行為はやめて欲しい
ボールの変更については、慣れてない選手が目測を大きく誤り、プロらしくなく見える効果しかなかった。公式球は1年半以上前に発表して各リーグが対応して、本番に臨んで欲しい。
ブブゼラは、ディフェンダーの声が届かなくてしょぼく見えるので、音量規制して欲しい。

なんちゃって、ワールドカップお気に入りご〜る
1.日本 vs デンマーク 遠藤の得点
  カーブをかけたFKで、GK心理も粉砕
2.ブラジル vs オランダ ロビーニョの得点
  素晴らしいスルーパス&抜け出し
3.アルゼンチン vs メキシコ テベスの得点
  本大会では珍しいドッカンゴール
試合の流れとかその後の展開は全く無視。

2010/07/12(月) 06:22 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


△ページのトップへ
 


ログイン
保存

最近のコメント

携帯で読む
   URLを携帯に送る


本日   3
昨日   16
累計   32778



ここから買ってくれると助かるのですが。

Powered by CGI RESCUE