かねやんの部屋に戻る
かねやんの不定期日記  
 

2010年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近の記事
Androidスマホからガラケーに戻し ..

Windos10 (64bit)設定メモ

サーバ用ノートPCから異音

続・Windows10にしてみた

サーバ用ノートPCから異音

Windows10にしてみた

西国街道・山陽道を歩き終えまし ..

PC起動しなくなった

ワールドカップ2014予想

過去ログ
2016年 8月
2015年11月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 2月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2012年12月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 3月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 4月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月

 



ワールドカップ感想(15)
43 6/24(木) 27:30 E デンマーク 1vs3 日本 ルステンブルク/標高約1500m
日本は引き分け以上で突破。デンマークは勝ちで突破。分かりやすい一騎打ち。お互い首位突破ほぼ無理。デンマークはケアーが怪我も、ベントナーは間に合った。圧倒的な高さに運動量・スピードも持ち合わせるアーセナルのセンターフォワードを止めることができるか?
前半は、日本はやや積極的、デンマークもやや積極的も、デンマークがボールを失わうことが少なく、デンマーク押し気味で始まる。7分、デンマークはCKからファーのクロドルップに流れ、中澤がファウル気味にとめるもお咎めなし。日本は引き気味になりデンマークがボール保持。12分、クロスに松井が抜け出すも、キーパーの右足。この後、スルーパスに長谷部が飛び出すも、枠外。13分、今度はデンマークのベントナーが、フリー気味になるも、枠外。打ち合いになると厳しいが?16分、日本はFKを得ると、これを本田が無回転で直接決めて1−0。デンマークが前がかりになっていたところを、うまくFKを取り、いい時間に決めた。この辺りから、日本がパスをよく読んでデンマークが保持できなくなり互角か。21分、デンマークはトマソンが抜け出して、シュートもヒットせず、GKセーブ。いや、危ない、大したプレイじゃないのに、ディフェンスラインがばらばらでやられそう。30分、日本の遠藤が直接FKを決めて2−0。カーブがかかっていいとこに飛ぶのはこれまで少なかったが。デンマークは中盤の底を1枚減らして、前線投入も逆効果で、日本がやや保持できる展開で前半終了。
直接FKは韓国に続き2本目、3本目。GKはタイミングを外されて痛い失点。ソーレンセンのようなキーパーでも動揺して、ミスしてしまうのか。
日本はCBとSBの間に危険なスペースがあったが、修正した。デンマークも前に来て、逆にスペースが消えてしまったか。
後半2分、日本は遠いFKを遠藤が直接狙うも、GKぎりぎりセーブでポスト。跳ね返りを闘莉王も、大きく外す。6分、デンマークはクロスから中央のトマソンがフリーになるも枠外。長谷部は反応できず。後半は日本が前線のボールを繋げず、デンマークがボールを保持。デンマークは更に前線に選手投入。13分、デンマークのポウルセンがミドルシュートもGK正面。14分、デンマークは直接FKを狙うもGK落ち着いて処理。22分、デンマークはこぼれ玉をエリクセンがミドルも枠を外す。24分、デンマークは処理ミスからトマソンがフリーになるもヒットせず。デンマークはパワープレーの単調なクロスが多くなり厳しい。32分、日本はサイドからのクロスを岡崎が合わせるも、キーパーキャッチ。岡崎は初めていいところに顔を出したぞ。33分、デンマークはラーセンが振り向きざまの素晴らしいシュートも、バーに救われる。34分、ペナルティエリアで長谷部がアッガーを倒してしまいPK。トマソンのPKを川島がはじくも、トマソンが落ち着いて沈めて2−1。トマソンはここで怪我をしてしまい、デンマークはカードがない。しかし日本もお約束で運動量が落ちる。40分、日本は大久保が抜け出しかけるも、トラップミス&いつものキーパーへの弱いシュートでチャンスを生かせない。42分、本田が飛び出してGKと1対1、これを岡崎に流して3−1。デンマークが前がかりだったこともあるが、そこにいないと得点できないので、岡崎はえらい。46分、アッガーが中澤を外してシュート、これが阿部の上腕に当たるも、お咎めなし。49分、本田がミドルも枠外で、試合終了。
日本は戦前は考えられなかった勝点6。デンマークは最初の得失点差−1がプレッシャーとなって敗退。
決定的にはならなかったが、長友が非常にいい動きをする。いいタイミングでオーバーラップしてビッグチャンスになりかけてる。
ペナルティエリア内での長谷部のハンドのシーンが写ったが、いつのシーンか分からなかった。

44 6/24(木) 27:30 E カメルーン 1vs2 オランダ ケープタウン/標高約0m
突破が決定しているオランダと、敗退が決定しているカメルーンとの戦い。オランダが引き分け以上で、首位突破を自力決定することができるかというだけのほぼ消化試合。消化試合も、オランダはベストメンバーで望んだ。
前半、オランダは前から激しく行き、カメルーンも前からいく。4分、カメルーンがミドルを放つもGK正面。オランダは最初だけで、引いて守り、カメルーンがやや保持する展開。オランダはベストメンバーもお休みモード。オランダはボールを回して、保持するようになる。カメルーンは運動量不足か。18分、オランダはファン・ペルシーが抜け出すも、GK正面。25分、オランダはFKをファン・デル・ファールトが直接狙うもGKセーブ。31分、オランダはカイトが抜け気味でシュートも枠を外す。35分サイドからファン・ペルシーが抜け出して1−0。オランダは積極的に保持せず、カメルーンが持つ。そのまま前半終了。消化試合で盛り上がらない。
後半も、オランダが消極的も、カメルーンの調子は上がらない。5分、オランダはファン・ペルシーが抜け出すもGK正面。16分、カメルーンはスルーパスからマクーンが抜け出すもGKナイスセーブ。18分、カメルーンのFKにファン・デル・ファールトが手を出してしまい、PK。これを、エトーが突き刺して1−1。21分、オランダのFKにデ・ヨンクが合わせるもヒットせず。38分、オランダはカウンターからロッペンが抜け出してシュートもポスト、跳ね返りをフンテラールが押し込んで2−1。このまま終了。
お互い激しく行かない、典型的な消化試合で面白みに欠ける。フレッシュな選手を出して、アグレッシブなところを出して欲しかった。

グループE
順位表E - Yahoo!スポーツ×スポーツナビ
オランダは3連勝で余裕の首位突破。カメルーンは3連敗で崩壊を露呈。日本はここに来て、うまい試合運びが出て2位通過。デンマークは3位。

日程
53 6/28(月) 23:00 オランダ vs スロバキア NHK総合 ダーバン/標高約0m
オランダは首位突破で楽な試合に持ち込めるか。

55 6/29(火) 23:00 パラグアイ vs 日本 TBSテレビ プレトリア/標高約1200m
パラグアイは堅守速攻を基本とするも、運動量があり、個人技もうまい。日本が苦手とするチームと思う。いままで、岡田ジャパンは運動量で負けるチームに対抗する戦術を見せたことがなく心配だ。順当にイタリアが来て欲しかった。

■コメント


■コメントを書く

名前:
>    

URL(任意):

この情報を登録する

内容(日本語必須):

パスワード(削除用・任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):



△ページのトップへ
 


最近のコメント

携帯で読む
   URLを携帯に送る




ここから買ってくれると助かるのですが。

Powered by CGI RESCUE