かねやんの部屋に戻る
かねやんの不定期日記  
 

2010年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近の記事
Androidスマホからガラケーに戻し ..

Windos10 (64bit)設定メモ

サーバ用ノートPCから異音

続・Windows10にしてみた

サーバ用ノートPCから異音

Windows10にしてみた

西国街道・山陽道を歩き終えまし ..

PC起動しなくなった

ワールドカップ2014予想

過去ログ
2016年 8月
2015年11月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 2月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2012年12月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 3月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 4月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月

 



ワールドカップ感想(4)
20 6/17(木) 20:30 B アルゼンチン 4vs1 韓国 ヨハネスブルグ/標高約1700m
韓国は守備的で、アルゼンチンが攻める展開。アルゼンチンのFKをパク・チソンが触れず、不意を付かれた後ろの選手が触ってしまいオウンゴール。さらにFKの場面で意思疎通がうまくいかず、後ろに残ってしまいオフサイドを取り損ねて失点。このままずるずるいくかと思われた、前半終了間際、イ・チョンヨンが最終ラインで不用意なパス回しをしたディフェンスからボールを奪って2−1で前半終了。アルゼンチンの守備はやはりイマイチか。
後半に入り、アルゼンチンが攻める展開が続く中、メッシが突破してシュート。ポストに跳ね返ったところをイグアインに決められて3−1。終盤にはメッシ・アグエロ・イグアインとつないでハットトリック。
後半は韓国に1つビッグチャンスがあったものの、アルゼンチンが攻撃の手を休めることはなかった。
韓国は、中盤で守るのか、ゴール前で守るかがはっきりしなかった。持ち味を出して、もっと中盤からガツガツいって欲しかったが、何か恐れているようだった。終盤には足も止まり、高地での厳しさが出てしまったか。
アルゼンチンは、前線の連携が改善に向かっていて、楽しみになってきた。

19 6/17(木) 23:00 B ギリシャ 2vs1 ナイジェリア ブルームフォンテーン/標高約1400m
両チームとも攻撃的にはこなかった。ギリシャがやや攻勢に進めるも、ナイジェリアがディフェンスラインの後ろに蹴ったFKに、GKが相手の動きに惑わされて、反応できず、そのままゴール。ギリシャはセットプレーで1人フリーにしてしまった。その後しばらく膠着状態が続くが、カイタが何を思ったか相手を蹴って、あからさまに悪意のある行為で退場。何か言われたか?これで、ギリシャは3バックから4バックに変更して攻撃重視、ナイジェリアは後ろを固め、一方的な展開に。前半終了間際に、ミドルシュートがディフェンスに当たって入り1−1。ギリシャはいい時間に得点。
後半も、ギリシャが圧倒的に攻めに出る。後半13分ナイジェリアのクリアミスでGKと1対1を外すと、今度はその流れでナイジェリアが一気にカウンター。GKと1対1になるもこれを止めるが、こぼれ玉がナイジェリア選手の前に行くがヒットミス。これは一生後悔だな〜。攻め続けるギリシャは、25分にCK崩れからのミドルシュートが壁に当たって微妙にコースが変り、キーパーがはじいたところをトロシディスが決めて2−1。終盤になるとギリシャも積極的には攻めず、試合終了。

グループB
順位表B - Yahoo!スポーツ×スポーツナビ
勝点6で、得失点でも優位なアルゼンチンはほぼ突破決定、ナイジェリアは勝点0で敗退濃厚。だが、まだ全チーム突破・敗退の可能性あり。
メッシはゴールしないと本国で認めてもらえないので、ゴールが欲しいところ。
韓国に勝ち進んでもらって、アジア枠を確保してもらいたい。

18 6/17(木) 27:30 A フランス 0vs2 メキシコ ポロクワネ/標高約1300m
両チームとも攻めに出て、攻守がめまぐるしく変化する展開。フランスがややボールを持つも、決定的なのところはメキシコが多く、前半終了。
後半も前半と同じような流れの中、メキシコはフランコを途中出場させると、エルナンデスがオフサイドぎりぎりで完全に抜け出して、GKとの1対1を制してゴール。点を取らないといけないフランスだが、中盤で徐々に劣勢になり、サイド突破を許してPK献上。ブランコが落ち着いて決めて2−0。その後は動かず試合終了。
フランスは前線の連携が悪く未だ無得点。崩壊気味?
メキシコは運動量が落ちず、高地に強いところを印象付けた。

グループA
順位表A - Yahoo!スポーツ×スポーツナビ
勝点1得失差−3の南アフリカは絶体絶命。初の開催国グループリーグ敗退となってしまうか?
ウルグアイ・メキシコは負けても小差なら、突破が見込めるか。
メキシコは高地の利点を生かして今後も勝ち進めるか?

実況
選手のことをあまり調べていないところがある。選手のことをもっと語ってほしい。

解説
ヨーロッパのリーグを見てないとか、最近の動向に疎いと思われる人がいる。なんだかな〜。

選手・フォーメーション紹介
試合前の選手・フォーメーション紹介だけど、スカパーのは見づら過ぎる。勘弁してもらいたい。

フリーキック・ミドルシュート
直接のフリーキックやミドルシュートが、ほとんど入らない。まあ、GKのミスとかもありますが。一方、セットプレーでの得点は(今回も、ですが)多いですね。高地とボールの影響で、正確に飛ばない分、ディフェンス・GKも予測困難となってるんでしょうか。
戦前は、ブレまくっていっぱい入るんじゃないかと言われていたが、逆になってしまった。キーパーはパンチングすることに専念しているのでコーナーキックは多めか。

審判
予告どおり、手を使ったファウルはやや厳しい判定となっている。
オフサイドの判定ミスが多いので残念。

■コメント


■コメントを書く

名前:
>    

URL(任意):

この情報を登録する

内容(日本語必須):

パスワード(削除用・任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):



△ページのトップへ
 


最近のコメント

携帯で読む
   URLを携帯に送る




ここから買ってくれると助かるのですが。

Powered by CGI RESCUE