かねやんの部屋に戻る
かねやんの不定期日記  
 

2010年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
Androidスマホからガラケーに戻し ..

Windos10 (64bit)設定メモ

サーバ用ノートPCから異音

続・Windows10にしてみた

サーバ用ノートPCから異音

Windows10にしてみた

西国街道・山陽道を歩き終えまし ..

PC起動しなくなった

ワールドカップ2014予想

過去ログ
2016年 8月
2015年11月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 2月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2012年12月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 3月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 4月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月

 



遺伝子組み換えナタネ、伊勢湾周辺に自生・交雑
Yahoo!ニュース(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100523-00000407-yom-soci

------------------

国内では栽培されていない遺伝子組み換えナタネ(GMナタネ)が、愛知県知多市から三重県松阪市
にかけて、伊勢湾を取り囲むように自生していることが、
「遺伝子組み換え食品を考える中部の会」の調査で分かった。

中略

同会は河川敷などに繁殖しているセイヨウカラシナとの交雑を懸念する。
すでに愛知県内で交雑のセイヨウカラシナが見つかっており、GMナタネを調査、
研究している四日市大非常勤講師の河田昌東さんは、「生命力の強いセイヨウカラシナ
が交雑で除草剤耐性を持てば、一気に広がって在来の植物を駆逐してしまう。
GMナタネの抜き取りなど、行政が対策を取る必要がある」と指摘する。

------------------

懸念というか、予想していたことが発生。
遺伝子組み換えは、食べる分には問題ないことが科学的に言われていて、ほぼ(海外で)証明されていると言ってよい。
日本人の多くが食べようとしないばかりか、食べる議論すらしようとしないのはどうかしているとしか言いようがない。

唯一といえる懸念が自然交雑だった。(これは、生物を高校レベルで習っていれば、普通の人でも容易に考えつく懸念)
これに対処することなく、普及させたことに対する科学者の罪は深いと思う。罪の深さは核開発に匹敵する可能性もある。

今後、自然交配によって、どういうことが起きるのか?
記事では、「在来の植物を駆逐してしまう。」となっているが、それだけなら、普通の人の多くは興味が湧かないだろう。
本当に懸念すべきは、こうしてできたスーパー雑草があっという間に世界に広がり、世界中の農業が大打撃を受けることだ。

世界中で農業収穫量が激減して大飢饉で飢え死に続出。
これが最悪のシナリオだし、なにも対策しなければ、規模はともかく、いずれ発生すると覚悟しておいたほうがよいのではないか。

雑草なんて抜けばいいと思っている人は、日本の小規模農業しか知らない人である。大規模農業では飛行機で農薬を撒くのが普通であり、抜いてなんていられない。スーパー雑草が広まれば農業には大打撃なのだ。

不発のない自爆スイッチが欲しいところですな。

■コメント


■コメントを書く

名前:
>    

URL(任意):

この情報を登録する

内容(日本語必須):

パスワード(削除用・任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):



△ページのトップへ
 


最近のコメント

携帯で読む
   URLを携帯に送る




ここから買ってくれると助かるのですが。

Powered by CGI RESCUE