かねやんの部屋に戻る
かねやんの不定期日記  
 

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
Androidスマホからガラケーに戻し ..

Windos10 (64bit)設定メモ

サーバ用ノートPCから異音

続・Windows10にしてみた

サーバ用ノートPCから異音

Windows10にしてみた

西国街道・山陽道を歩き終えまし ..

PC起動しなくなった

ワールドカップ2014予想

過去ログ
2016年 8月
2015年11月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 2月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2012年12月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 3月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 4月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月

 



仮想PC
なんとなく、仮想マシンを構築。
昔のWindows 98とか、Linuxとかを今使ってるWindows XPで動かせるようになる。今回はWindows 98 SEにチャレンジ。

VMwareをインストール。

いろいろあるVMwareの種類。
WMware Player → 構築済みの仮想PCを動作させるのに特化したソフト。構築にはかなり面倒。
WMware Server 2.0 → WEBブラウザ上で動作するソフト。いろいろ問題ありのようだ。
というわけで、WMware Server 1.0.9を使うことにした。

ダウンロードページ
http://downloads.vmware.com/d/info/datacenter_downloads/vmware_server/1_0
英語版しかない。でも適当に入力すればOK。
シリアルNoを入手する必要あり。進んでいくとダウンロードの手前に小さく書いてあるので、忘れないように。

インストール。途中でCD自動実行をOFFにするよう推奨されるので、いらならチャックを外す必要あり。これも適当にやってればOK。

問題なく起動。

まずは、New Virtual Machineを構築。
custumで、
Make ... PrivateはOFF
メモリ256MB
NetworkはNAT(bridgeにすると危険!注意)
HDD Create...で IDE 4GB Allocate...はOFF(これをチェックすると大変大きいファイルができてしまう)
で作った後に
VN→Settings→Add→次へ→Sound Adaptor→完了
で、音を有効に。
CD-ROM→USE ISO→Browseで、Windows 98SEのCDイメージを設定。
で再生ボタンで、インストールが開始できる。
インストール完了後に
VM→Install VMware TOOLが必須。
画面のReadMEを参照して、ディスプレイドライバとマウスドライバを更新する。
Creativeのページから、サウンドドライバを入手。
http://support.creative.com/Products/product_list.aspx?catID=1&CatName=Sound+Blaster#
Other→Current Products→Sound Blaster PCI 64
で入手可能。Windows 98SE以前のドライバはないのかな?

ネットワーク経由で、ドライバのEXEファイルを実行すれば、音もOK
(実ドライブを読み込めるようにできたり、コマンドラインから仮想ハードディスクをネットワークドライブに登録もできるが、FAT32しか読めなかったり面倒だったりするので、ネットワーク経由が一番簡単。仮想PC上でインターネットが見れる環境にした上で、ネットワークコンピュータ→\\IPアドレス直接入力で見れるようになる。)

最後にCD-ROMを実ドライブに設定しなおして、
VM→Settings→CD-ROM→Use Physical Drive→Host→ドライブ選択→Legacy Emulation
下のSCSI/IDEは、実ドライブならIDE、仮想CDならSCSIを選ぶ。
なお、最初から仮想CDをPhysical Driveに設定しているとCD BOOTがうまくいかなかった。注意。

以上で、設定完了かな。Ctrl + ALT でマウス占拠を解除できるのは、まあ
画面の下に出るから分かるかな。

以上で完了かな。って動かしたいソフト特にないんだけどね。
ほぼ1日がかり。

なお、Windows 98SEより古いWindows CDはCDが認識できる起動ディスクが必要。
入手は結構面倒かも。

■コメント


■コメントを書く

名前:
>    

URL(任意):

この情報を登録する

内容(日本語必須):

パスワード(削除用・任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):



△ページのトップへ
 


最近のコメント

携帯で読む
   URLを携帯に送る




ここから買ってくれると助かるのですが。

Powered by CGI RESCUE